中国国有企業、費用増加で収益の伸び鈍化

  on

 中国国有企業の収益が、資金調達コストに圧迫されている。財政省が22日公表した報告書によると、1─11月の金融を除く国有企業の収入と利益は、金融費用の増加を背景に、ともに伸びが鈍化した。

 1─11月の国有企業113社の総収入は3.9%増の43兆4000億元(6兆9700億ドル)で、伸び率は1─10月の4.5%から低下した。

 営業費用、特に金融費用の増加が引き続き収入を圧迫。1─11月の営業費用は4.3%増だった。

 利益は4.5%増の2兆2400億元。1─10月の6.08%増から鈍化した。

 業種別では、非鉄金属、石炭、化学、石油、石油化学で利益の減少傾向が続く一方、鉄鋼、自動車、運輸、建築資材、電力は増加した。

 中国政府は、国有企業の経営効率や競争力や透明性を高める改革を行っている。