豪政府、中国企業に「違法」購入した邸宅の売却命じる

  on

豪政府は3日、中国の不動産大手、恒大地産(エバーグランデ・リアル・エステート・グループ) の傘下企業に対し、昨年11月に購入したシドニーの3900万豪ドル(3050万米ドル)の大邸宅を90日以内に売却するよう命じる方針を明らかにした。

ホッキー財務相の声明によると、同傘下企業はオーストラリアや香港、英領ヴァージン諸島にある複数のダミー会社を通してVilla del Mareと呼ばれる邸宅を「違法に」購入したという。

豪政府が住宅用不動産に対する海外からの投資の取り締まりに動いたのは、2006年以来初めて。

恒大地産のコメントは得られていない。

オーストラリアで外国人は新規物件の購入しか許されておらず、Villa del Mareは新規物件に該当しない。

財務相は声明で、「オーストラリアの海外投資政策の下では、海外からの投資は同国の住宅戸数を増やすべきものと規定されており、非居住の外国人は既存の住宅を居住あるいは投資目的で購入することはできない」と説明した。