米アップル、医療情報ソフト「リサーチキット」発表

  on
アップル

アップル

ロイター

米アップル は9日、医療情報管理ソフトウエア「リサーチキット」を発表した。このソフトにより、研究者らはiPhone(アイフォーン)を使って患者の情報を収集することができるようになる。

利用者は健康管理ツールとして利用できるほか、医療情報の収集に協力し、研究者にデータを提供するかどうかを選択することができる。アップルの業務担当シニアバイスプレジデント、ジェフ・ウィリアムズ氏は声明で「アイフォーンは世界中で数億人が使用しており、医療研究に大きく貢献することが可能となるだろう」と述べた。他社も開発に利用できるよう、ソフトのソースコードは公開されている。

ぜん息や乳がん、心臓疾患、糖尿病などを研究している複数の大手機関では既に、リサーチキット上で動作するアプリケーションを開発している。