マイクロソフト「オフィス」、サムスンの最新端末に基本搭載へ

  on
サムスン電子のギャラクシーS6エッジ

サムスン電子のギャラクシーS6エッジ

ロイター

米マイクロソフト のソフトウエア「オフィス」のアプリが、米グーグル の基本ソフト「アンドロイド」を搭載するサムスン電子 の端末に、プレインストールされることになった。

サムスン電子の新機種「ギャラクシーS6」を対象に、今年上期からワード、エクセル、スカイプなどのアプリを基本搭載する。ユーザーは無償でアプリを使えるが、一部の機能は有料となる。

両社は2月、ギャラクシーS6に一部のマイクロソフトアプリを基本搭載すると発表していた。

かつてはオフィスと自社OS「ウィンドウズ」のセット展開を目指したマイクロソフトだが、モバイルコンピューティングの拡大に伴い、アップルのモバイルOSやアンドロイドでもソフトを利用できるように戦略を転換。同社はクラウド化したソフトをプラットフォームや端末の種類にこだわらず、できる限り多くの利用者に普及させる考え。