航空各社、操縦室2人常駐を義務化 ドイツ機墜落で対策

  on
747-8コックピット

マイアミのスターティングゲートの747-8コックピット。

アルベルト・リーヴァ氏撮影

24日のドイツ機墜落事故で、機長がコックピットを離れた際に事故が起きた可能性が強まっていることを受け、航空会社は乗員2人が常に操縦室内にいることを義務付ける動きが相次いでいる。米国以外の多くの国では、トイレに行く際など片方の離席は認められているのが現状だ。

事故を調査しているマルセイユ検察当局は26日、ドイツ人のアンドレアス・ルビッツ副操縦士(27)がコックピットのドアを開けることを拒否し、故意に降下ボタンを作動させた可能性があることが音声記録により分かったと発表した。

これを受け、エア・カナダ 、格安航空会社(LCC)のノルウェー・エアシャトル 、英イージージェット 、独エア・ベルリン は直ちに、2人の操縦士が常にコックピット内にいるよう定めたと明らかにした。エア・ベルリンによると「顧客から懸念の声が多く寄せられた」という。アイルランドのLCC、ライアンエア は既に義務化していた。

半面、事故を起こしたジャーマンウィングスの親会社である独ルフトハンザ は義務付けの必要はないと表明。カールステン・シュポア最高経営責任者(CEO)は記者らに対し「今回は特殊な事例であり、規定変更の必要があるとは考えていない。ただ、専門家らと検討はする」と述べた。ツイッターではこれを批判し、義務化を求める意見が挙がっている。