マイクロソフトの文書スキャンアプリ、iPhoneとグーグルスマホで使用可能に

  on
マイクロソフト

マイクロソフト

ロイター

米マイクロソフト は2日、文書スキャンアプリ「Office Lens(オフィスレンズ)」をアップル とグーグル の基本ソフト(OS)アンドロイドを搭載したスマートフォンにも提供すると発表した。

オフィスレンズは既にマイクロソフト製OS「ウインドウズ」搭載のスマホでは利用できるが、スマホ市場でのシェアはわずかだった。

2日以降は、アップルのOS「iOS」を搭載する「iPhone(アイフォーン)」やグーグルのOS「アンドロイド」搭載の各スマホでも無料でダウンロードできる。こうした動きは、最適なソフトウエアをできるだけ広範囲に普及させてくことを目指すというマイクロソフトの打ち出した新戦略の一環だ。

オフィスレンズは、カメラを利用して撮影したレストランのメニューや名刺などの画像を、マイクロソフトのノートアプリ「ワンノート」やオンラインストレージの「ワンドライブ」に保存できる。

アイフォーンやアンドロイドのスマホの場合は、「ワード」や「パワーポイント」、PDFファイルに画像を保存し、検索可能な文章や編集用にデータ変換ができる。