米国:災害補償の保険金支払いが膨らむ

  on
2015年5月、米国の洪水
水没した道路を歩く女性。(2015年5月26日、テキサス州ヒューストンにて撮影) ロイター

5月後半、米国のテキサス州やオクラホマ州で豪雨があり、洪水になった。洪水被害を受けた住居への補償が問題となっている。
 
ヒューストンで洪水被害を受けたAJ クランバーグ(AJ Culembourg)氏は、18か月前に改装した1階建ての賃貸住居が15センチほど水に浸かってしまった。同氏は「外から見ると、プライベートな湖の中に建物が座っているようだった」と振り返る。キリスト教災害救助グループがやってきて、家財道具を運ぶのを手伝ってくれた。同氏は「神の賜物だった」と語った。
 
1週間後、クランバーグ氏は、別の救援到着を待っていた。政府の方針により。最大25万米ドル分の補償を受けられることになっていた。保険査定人との打ち合わせである。同氏の住居は87番目となっており、午後4時の約束であった。同氏によると、近所には全損な建物もあった。
 
クランバーグ氏など洪水被害に遭った人々は、住宅を再建したり、生活の基盤を立て直したりするために、政府による水害保険からの保険金を期待している。しかし、近年、数千人もの米国人が米連邦緊急事態管理庁(Federal Emergency Management Agency:FIMA)の全米洪水保険制度(National Flood Insurance Program:NFIP)に頼ろうとしたことはない。
 
テキサス州の人とオクラホマ州では洪水後の対応が始まったばかりだが、金銭的な救済を手に入れるには難しいかもしれない。
 
米国西部で壊滅的な豪雨があったちょうどその頃、熱帯低気圧「サンディ」の被災者たちは、救済の再審理に参加し始めていた。その機会は、14万4,000人のあらゆるレベルの請求者たちに開かれていた。つまり、2012年の災害補償がいまだに調整中である。
 
保険消費者運動グループ「ユナイテッド・ポリシーホルダーズ(United Policyholders)」の常勤取締役を務めるエイミー・バッハ(Amy Bach)氏は、「サンディの後には、多くの間違いが起こった。テキサス州で同じことが起こらないことを望む」と述べる。同氏は、NFIP について、「最大限によく想像をしたとしても、潜在的な問題は解決していない」と考えている。
 
NFIPは、米国の持ち家所有者のために実質的な唯一の水害保険である。その保険は、約80の民間保険会社に下請けされている。管理、見積もり、技術報告は下請け会社が担当する。バッハ氏は「大きな民営化計画であり、再構築される必要がある」と述べる。
 
FEMAのスポークスマンは、 NFIPは、最近の洪水に立ち向かう時に、「生き残った人を第一に」位置づけていると語る。
 
NFIPの改革推に向けてディレクターを務めているブラッド・キーザーマン(Brad Kieserman)氏は2日、FEMAはNFIPを十分に監督できていないと指摘した。同氏によると、民間業者が530万人の保険契約を請け負っているのに対して、それらを監督している連邦職員は75人である。
 
同氏は「プログラムの問題を検出する機能も、監視する機能も失った」と証言した。また、問題を早期発見する能力が不足していたがゆえに、「(サンディの被災者たちの)人生を荒廃させた」と述べた。
 
もっとも、同氏はFEMAがテキサス州とオクラホマ州の洪水被害に対して配慮していることも説明した。今週初め、FEMAは、保険会社に向けて2ページにわたる覚書を発行し、「支払われるべきものが支払われるように」とリマインドしたという。NFIPでは、災害犠牲者のためのホットラインが設置がされる。
 
キーザーマン氏は、米沿岸警備隊で22年間ほど弁護士を務めていた人物で、危機介入における経験が豊富である。NFIPの管理者であるクレイグ・ファガット(Craig Fugat)氏は2月、キーザーマン氏を任命した。
 
ニューヨークにあるタウロ法律センター・災害救済クリニック(the Disaster Relief Clinicat Touro Law Center)の弁護士であるメリッサ・ラックマン(Melissa Luckman)氏は、「サンディから2年半が経ったにもかかわらず、いまだに家がない人がいることにはとても悲痛な思いにさせられる。他の人にも同じことが起こるのは避けてほしい」と述べた。
 
*この記事は、米国版International Business Timesの記事を日本向けに抄訳したものです。(原文:Catherine Dunn記者「After Texas Floods, A New Test for FEMA's Beleaguered National Flood Insurance Program)