ドイツ高級車メーカー連合、ノキア地図事業買収で合意間近=関係筋

  on
独ダイムラー

独ダイムラー

ロイター

ドイツ高級車メーカー、ダイムラー 、BMW 、フォルクスワーゲン(VW) のアウディで構成する企業連合は、フィンランド通信機器大手ノキア の地図・位置情報サービス「ヒア(HERE)」を25億─30億ユーロ(27億4000万─32億9000万ドル)で買収する交渉が合意間近の状態にある。交渉に詳しい2人の関係筋が21日、ロイターに語った。

ただ最終合意に至るには、携帯電話の通信ネットワークへの接続を通じた自動運転に関する特許の所有権をめぐる問題が残されている。2人の関係筋は、高級車メーカー連合とノキアがこの問題を解決できれば、今月中に交渉がまとまる見通しだと語った。

一方で買い手側は地図データの質向上のために、数年にわたって追加投資を求められるという。

複数の自動車業界筋によると、高級車メーカー連合側はノキアがヒアに関して持つすべての特許を取得したい考えだ。これに対してノキアは、携帯端末の通信ネットワークへの接続方法など、一部の特許を保持し続けることを望んでいる。関係筋の1人は、高級車メーカー連合とノキアが今週中に残る懸案を詰める必要があるとし、月末までの交渉合意は可能だとしながらも、合意が成立する保証はないとくぎを刺した。

ノキアは4月にヒアの事業の戦略的見直しを明らかにして、売却に向けた入札手続きを開始した。ドイツの高級車メーカー連合のほかに買い手候補になっていた米国勢や中国勢は、いずれもこれまでに撤退している。各高級車メーカーとノキアはコメントを拒否した。