日経がフィナンシャル・タイムズ買収、親会社から1600億円で

  on
ニューススタンドに置かれたフィナンシャル・タイムズなどの新聞
ニューススタンドに置かれたフィナンシャル・タイムズなどの新聞 ロイター

日本経済新聞社は23日、英国の経済紙フィナンシャル・タイムズ・グループ(FT)を買収することで、同社の親会社、英ピアソン(PSON.L)と合意した。

8億4400万ポンド(約1600億円)で全株式を取得する。日経が声明を出した。ピアソンがこの日開いた取締役会で了承した。

買収価格は、FTが保有する現金(1900万ポンド)を含んでおり、日経が支払う価格は8億2500万ポンドとなる。日本のメディア企業による海外企業の買収案件としては、過去最大の規模という。

日経の喜多恒雄会長は「FTという世界で最も栄えある報道機関をパートナーに迎えることを誇りに思う」とコメント。報道の使命を共有しているとした。

合意のニュースが伝わると、FTの記者が、ニュースルームでテレビの周りに従業員が集まる様子が写った画像をツイッターに投稿した。

FT経営陣から説明を受けた、記者数人のツイート投稿によると、ライオネル・バーバー編集長は従業員に、今回の合意は強引な提携でなく、長時間話し合いを行った結果だと説明した。

複数のFT記者はロイターに、日経についてほとんど知らず、多少の不安があると語った。ただ、候補の一角とされたブルームバーグが買収すれば、業務の重複で人員削減が拡大する恐れもあったといい、安どの声も聞かれた。

ピアソンのジョン・ファロン最高経営責任者(CEO)は記者らに、日経がピアソン同様、公正・正確な報道、品位、ジャーナリズムの独立に対する責任を持つと確信していると語った。

ロイターは23日、ピアソンがFT紙売却を決め、教育出版に特化すると報じている。

FT自身、ドイツの新聞・出版大手、アクセル・シュプリンガーが最有力候補と伝えていた。ほかに、トムソンロイター(TRI.N)なども候補に取りざたされていたが、日経の買収は関係者にとって、青天のへきれきだった。

事情に詳しい関係者の1人は最近、ロイターに、アクセル・シュプリンガーが買収に向けて動き、広報担当者も買収に関する協議を行ったと認めていた。

FTグループの売却手続きは今年第4・四半期に終了する見通しだ。 同社が保有する英エコノミスト誌の株式50%や、ロンドン本社は売却対象に含まれていない。

バークレイズによると、買収価格は利払い・税などを除く利益で35倍の水準に相当する。

ピアソンは、教育出版世界大手の一角を占め、書籍出版、ペンギン・ランダムハウス株の47%を保有することになる。