インド洋で発見の残骸、不明機の翼と確認=マレーシア首相

  on
マレーシア航空機

マレーシア航空機

ロイター

マレーシアのナジブ首相は6日、インド洋のフランス領レユニオン島の海岸に漂着した飛行機の残骸が、昨年3月に消息を絶ったマレーシア航空MH370便の翼の一部と確認されたと明らかにした。同機の残骸が確認されたのは初めて。

ナジフ首相は「消息を絶って515日が経過した今日、心が痛む思いだが、国際チームが、レユニオン島で見つかった残骸が370便のものだと最終的に確認したと知らせなければならない」と語った。

クアラルンプール発北京行きの370便は昨年3月、239人の乗員・乗客とともに消息を絶った。フラッペロンと呼ばれる翼の一部が先週、同島で見つかり、フランスで鑑定が進められていた。

残骸の発見で航空史上最大の謎の解明に向け一歩前進した格好だが、乗客らの家族にとっては依然として「なぜ」に答える手掛かりはほとんどない。

客室乗務員の夫が搭乗していたというジャキータ・ゴンザレスさんは、「何かが見つかっても、それで終わりではない。夫たちが見つからなければいけない。まだ、帰ってきてほしいと思っている」と胸の内を明かした。

一方、ナジフ首相の発表後すぐにマレーシア航空は、残骸の発見で370便が消えた原因の究明に「大きく前進した」とコメントを出した。

またパリ検事局は、製造元とマレーシア航空から提供された資料に基づくと、残骸が370便のものであることが「非常に強く推定される」としたが、断定はしなかった。シリアルナンバーなどは確認されていないという。