家族を支えるロボット「Jibo」の魅力とは――KDDIなどから1億円超の投資受ける

  on
ソーシャル・ロボットのJibo
Jiboは家族の生活をサポートする家庭用のロボットだ。 Jibo

ソーシャルロボットのJiboを製造するJibo社は5日、ベンチャーキャピタル・ファンディングでさらに110万ドル(約1億3700万円)を集めたと述べた。この資金は、同社初の家庭用ロボットの開発と、その後の国際展開に使用される予定だ。今回Jiboはアジアの投資家から注目を集めた。台湾のAcerや日本の電通ベンチャーズとKDDI、韓国のLG Uplus、中国のNetPosaなどだ。

米証券取引委員会によれば、このことでJiboへの投資総額は3740万ドル(約46億6000万円)になったという。昨年Jibo社は、クラウドファンディングサイトIndiegogoを通じてクラウドファンディングを試み、4時間足らずで最初の目標額であった10万ドル(約1200万円)を超える額を調達した。9月にこのキャンペーンが終わったときには、Jiboは4800台の予約販売で220 万ドル(約2億7000万円)を稼ぎ出した。同社は今年5月にクラウドファンディングを再開し、Indiegogoを通じた総額は370万ドル(約4億6000万円)となった。

「Jiboは新しいクラスの家庭用ロボットを代表するものです。Jiboはソーシャルロボットです。床掃除のためにデザインされているわけではなく、ディズニーやピクサーが造形するような目鼻のある人型ロボットでもありません」とJiboのCEO、スティーブ・チェンバーズ(Steve Chambers)氏はInternational Business Timesに語った。

Jiboは家を歩き回ったりしないし、「アイ、ロボット」のようなSF映画に出てくるロボットとも似ていないが、便利な機能は数多く備えている。写真を撮ったり、家族の一人一人を認識したり、メッセージを知らせたり、といった機能だ。アプリにも対応するので、さらなる機能を追加することも可能だ。また、シリアルポートも2つ備えているので、必要なら車輪のような付属品を開発することもできる。

「約400万ドルに上る予約販売のうち、およそ30%が開発企業からのものです。そうした企業がJiboに関心を持つ第1の理由は、このロボットがクリエイティブだと思ってくれているから。創造力をかき立てるものがあるからです」と、チェンバーズ氏は言う。開発企業がJibo用に開発するアプリは、2016年の発売と同時に展開される専用のアプリストアで入手可能となる。

「Jiboは画期的な技術革新の真のパイオニアです。『モノのインターネット』の時代において、家庭用ロボットは欠かせない、ユビキタスなものとなり、Jiboはこの技術を大衆市場に導入するのに重要な役割を果たすことになります。それをKDDIの投資は認めているのです」とKDDIの高橋誠専務は述べた。

Jiboは、インテルの3-DプリントロボットJimmyやソフトバンクの人型ロボット、Pepperとともに、2014年に紹介されたソーシャルロボットの1つだ。しかし、まだ足場を探っている(そして何年も探っている)状態の市場に参入することになる。

「この市場は生まれたばかりです。数年にわたり、韓国や日本でこうしたタイプのロボットが開発されてきましたが、大きな市場シェアを獲得してはいません。Jiboはというと、数十年にわたるMITの研究に基づいています。アジアのものと比べ、真に最先端の研究に基づいているのです」とABIリサーチのダン・カラ(Dan Kara)氏は言う。

しかし、資金と専門知識はあっても、ハイテクマニアや新しいもの好きを満足させた後にまだ市場があるかどうかはまだ分からない、ともカラ氏は付け加えた。

ソーシャルロボットがリビングを乗っ取る日はまだ来ていないが、家事や芝生の手入れ用ロボット市場は成長し続けている。ABIリサーチによれば、ルンバのような家事や庭仕事のロボットの販売は340万台に達し、2014年には12億ドル(約1500億円)を売り上げた。2019年までには690万台、29億ドル(約3600億円)を見込んでいるという。

バーチャルシミュレータをより早い段階で手に入れられる開発企業以外にとって、Jiboは2016年に発売開始の予定だ。小売価格はまだ最終決定していないが、650ドルから800ドル(8万円から10万円)になると見られている。

*この記事は、米国版International Business Timesの記事を日本向けに抄訳したものです。(原文記事:Luke Villapaz記者「Meet Jibo: ‘Social Robot’ A Real-Life Siri That Helps Out Around The House」)