米シティ、中銀の取引情報を顧客に見せる=元外為トレーダー

  on
米シティグループ

米シティグループ

ロイター

米金融大手シティグループ(C.N)の元外国為替トレーダーは10日、ロンドンの裁判所で証言し、シティが中央銀行とのトレーディングに関する詳細情報を別の顧客に見せたほか、シティの外国為替注文の詳細を電子チャットルームで顧客に送っていたと明らかにした。

シティから不当解雇されたと主張している元外為トレーダーのペリー・スティンプソン氏によると、顧客情報の守秘義務に違反するこれらの慣行をシティの幹部らは熟知していたという。

スティンプソン氏は労働裁判所での証言の中で「シティの投資家デスクは、シティが処理した中銀の活動の詳細情報を求める顧客からの毎週の要請に応じている」と述べた。どこの中銀かは語っていない。

さらに当時シティのトレーディング担当世界責任者だったジェフ・フェイグ氏が2013年半ばに、「中銀調査」と呼ばれたこの情報を顧客に回す習慣は正しくないと判断し、これをやめるよう呼び掛けたと証言している。

フェイグ氏からはこの件で直ちにコメントを得ることはできなかった。

スティンプソン氏はまた「投資家デスクには、顧客の要請があればシティの注文情報をブルームバーグのチャットに切り貼りする慣行もあった」とも証言した。

証言についてシティの広報担当者は「スティンプソン氏による不正行為の申し立てについては全て調査し、根拠がないと判明した」と話した。