中国がエジプトに潜水艦売り込み、契約済のドイツより低価格提示

  on
中国国旗

中国国旗

ロイター

関係筋によると、中国はエジプトに2隻の潜水艦の売り込みを図っている。エジプトに既に潜水艦を供給しているドイツの製品よりも安い価格を提示。中国は武器輸出の顧客層を、従来のアジア地域から拡大する方針とみられている。

エジプト軍の関係者は匿名で「(中国の申し出を)検討中だが、簡単に決断できるものではない」と述べた。同国軍の広報担当者は「正式な情報はない」としている。

中国国防部から正式なコメントは得られなかった。

複数の業界関係者によると、エジプトは2011年にドイツの工業大手ティッセンクルップ から2017年に2隻の潜水艦を納入することで合意、新たに2隻の購入についての交渉を行っていた。同社はコメントを拒否したが、ドイツの経済省は、2隻の追加納入の認可は下りているとしている。

他にも、総合エンジニアリング企業シーメンス が、エジプトへのガス・風力発電で80億ユーロ(90億5000万ドル)の契約を6月に結んでいる。

ストックホルム国際平和研究所によると、今年3月時点で、中国はドイツを抜き武器輸出で世界3位となった。