9月米自動車販売15.8%増、約10年ぶりの好成績 ガソリン安などで

  on
米自動車ゼネラル・モーターズ(GM)

米自動車ゼネラル・モーターズ(GM)

ロイター

調査会社オートデータがまとめた9月の米自動車販売台数は、前年同月比15.8%増の144万台となった。季節調整済みの年率換算では1817万台と、アナリスト予想の1760万台を上回り、2005年7月(2060万台)以来の高水準となった。

ガソリン価格安や低金利を追い風にスポーツ多目的車(SUV)やピックアップトラックの販売が好調となる中、米自動車大手3社(ビッグスリー)がそろって2桁台の伸び率を記録した。また、今年はレイバーデーの連休が2012年以来初めて8月にずれ込まず、9月5、6、7日となったことも販売を支援した。

ゼネラル・モーターズ(GM)(GM.N)の販売台数は前年同月比約12%増の25万1310台。フォード・モーター(F.N)は23%増の22万1599台。とりわけフォードブランドのSUVの販売台数は27%増と、12年ぶりの高い伸びとなった。トラックも23.2%増加した。

フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)(FCAU.N)(FCHA.MI)は14%増の19万3019台。「ジープ」のSUVが好調で、ジープ販売台数は40%急増した。米販売主任のレイド・ビッグランド氏は「9月としては15年ぶりの好成績になったほか、販売台数は前年同月比で、66カ月連続での増加となった」と述べた。

日本勢では、トヨタ自動車(7203.T)(TM.N)、ホンダ(7267.T)、日産自動車(7201.T)が軒並み13─18%増となった。

また、米排ガス不正操作問題の渦中にある独フォルクスワーゲン(VW)(VOWG_p.DE)の米販売台数は0.56%増の2万6141台と、微増にとどまった。