ノーベル物理学賞に梶田隆章氏ら2人、ニュートリノの質量実証

  on
ノーベル物理学賞に梶田隆章氏ら
ノーベル物理学賞に梶田隆章氏ら ロイター

スウェーデン王立科学アカデミーは6日、2015年のノーベル物理学賞に、東京大学宇宙線研究所所長の梶田隆章氏とカナダのアーサー・B・マクドナルド氏に授与すると発表した。

梶田氏らは、質量がないと考えられていた素粒子ニュートリノに質量があることや「ニュートリノ振動」という現象を実証した。

王立科学アカデミーは「この発見が物質の最も内側の動きについての理解を変えた」と賞賛した。

物理学賞は今年のノーベル賞発表で2つ目。前日の生理学・医学賞では、寄生虫による熱帯病の治療薬を開発した大村智・北里大学特別栄誉教授が受賞しており、日本人が連日の受賞となった。