9月貿易収支は1145億円の赤字、上期1.3兆円の赤字

  on
港に並ぶ輸出コンテナ

港に並ぶ輸出コンテナ

ロイター

財務省が21日に発表した9月貿易統計速報によると、貿易収支(原数値)は1145億円の赤字となった。6カ月連続の赤字。

この結果、2015年度上期の貿易赤字は1兆3086億円となった。前年同期は5兆4585億円の赤字だった。

9月の輸出は前年比0.6%増の6兆4174億円。13カ月連続で増加した。増加した品目は自動車(7.6%増)、半導体等電子部品(8.5%増)、通信機(35.6%増)など。

地域別では米国向け輸出が前年比10.4%増、中国向け輸出は同3.5%減だった。

9月の輸入は同11.1%減の6兆5318億円。9カ月連続で減少した。原粗油(43.7%減)のほか、液化天然ガス(32.4%減)、石油製品(23.9%減)などが減少した。

貿易赤字(季節調整値)は前月比4.8%減だった。

ロイターが民間調査機関を対象に行った調査では、予測中央値は844億円の黒字。輸出は前年比3.4%増、輸入は同11.7%減だった。