エルメスがハイエンドジュエリーコレクション「オート・ビジュトリー」を東京・大阪で公開

  on

エルメス(HERMÈS)のハイエンドジュエリーコレクション「オート・ビジュトリー(Haute Bijouterie)」が東京・大阪で開催。東京は、銀座メゾンエルメス フォーラムで、2015年10月23日(金)から10月28日(水)まで、大阪は、エルメス御堂筋店 3階ギャラリーにて、11月7日(土)から11月15日(日)まで行われる。

[ この記事の画像を見る ]

2010年に誕生したエルメスの「オート・ビジュトリー」は隔年毎に発表。ジュエリーのクリエイティブ・ディレクター ピエール・アルディが手掛けるコレクションは宝石を中心にデザイン構成を組むジュエラーとは異なり、起点にあるのは、メゾンのルーツを物語る、コンセプチュアルなストーリー。高い創造性と知性的な美しさを感じさせる。

新作コレクションは、馬具とシルクスカーフに着想を得た3連作。イエローゴールド、ホワイトゴールド、ピンクゴールドに、サファイアやダイヤモンドをマッチさせ、マスキュリンとフェミニン、力強さと繊細さという相反する要素を調和させた。

「ブリッド・ドゥ・ガラ(Brides de gala)」は、馬具のパーツを再解釈し、ジュエリーへとアップデートさせたもの。散りばめられた宝石が、ラムスキンやゴールドの美しさを引き立て、豊かな表情を引き出している。メゾンの起源「乗馬の世界」との密接なつながりが味わえるのも魅力の一つだ。

また“魔法使い”というニックネームのついた「グラン・アパラ(Grand Apparat)」は、クモの巣のように張り巡らされたパヴェダイヤモンドと、大胆なつなぎ目のデザインにより、優美なフォルムを作り出している。幾何学的なラインを複雑に重なりあわせた「デッラ・カヴァッレリア(Della Cavalleria)」も、モダンでクリエイティビティを感じさせるコレクションだ。

神秘的な雰囲気の会場は、フランス・パリのフォーブル・サントノーレ店のウィンドウデザインを長年手掛けてきたレイラ・マンシャリが空間構成とディスプレイを担当した。会場は2部構成になっており、「オート・ビジュトリー」の新作以外にも見応えのあるエクセプショナルピースが一堂に展示される。

【イベント詳細】
「オート・ビジュトリー」
■東京
会期:2015年10月23日(金)~10月28日(水)
会場:銀座メゾンエルメス フォーラム
住所:東京都中央区銀座5-4-1 8階

■大阪
会期:11月7日(土)~11月15日(日)
会場:エルメス御堂筋店 3階ギャラリー
住所:大阪府大阪市中央区南船場3-10-25 3階