アリババ、光棍節セール開始1時間の取引が約4800億円に

  on
中国の電子商取引会社アリババ・グループ

中国の電子商取引会社アリババ・グループ

ロイター

 中国の電子商取引大手アリババ・グループ・ホールディング(BABA.N)は、11月11日の「光棍節(シングルズデー)」のバーゲンセールで、最初の1時間の総取引額が39億ドル(約4800億円)を突破したと明らかにした。

同社は毎年この日、大規模なバーゲンセールを展開している。2014年の最初の1時間の総取引額は20億ドルだった。

同社の電子商取引サイト、タオバオには1億3000万人近くがアクセスし、2014年に記録したピーク時の水準を上回った。

シングルズデーの最初の1時間で携帯電話を使って商品を購入した人の数は2700万人を上回った。また、最初の8分間で同社決済サービス、アリペイで決済された額は10億ドルを突破した。