VWのCO2排ガス不正、ガソリン車で対象拡大

  on
フォルクスワーゲン
フォルクスワーゲン ロイター

独フォルクスワーゲン(VW)(VOWG_p.DE)は、二酸化炭素(CO2)排出量データ不正問題で、対象のガソリン車数が当初よりも拡大したと明らかにした。

同社は先週末、新たに排気量1.2リットルのVW「ジェッタ」や2.0リットルのVW「パサート」など、ガソリン車の現行モデルでも不正が見つかったとの声明を発表。

VWの広報担当は16日、ガソリン車でCO2排ガス不正の対象が拡大したことを確認した。