エジプトのホテル自爆攻撃で7人死亡、「イスラム国」犯行声明

  on
ISISの兵士たち
ISISの兵士たち ロイター

エジプトのシナイ半島北部アリーシュにあるホテルで24日、爆弾攻撃が発生し、少なくとも7人が死亡、17人が負傷した。この攻撃で過激派組織「イスラム国」の傘下組織「シナイ州」が犯行声明を出した。

同国では前日、議会選挙の決戦投票が締め切られ、ホテルには選挙判事が宿泊していた。

軍当局や目撃者の証言によると、攻撃に関与した1人が爆弾を積んだ自動車を運転してホテルに突入しようとし、治安部隊が発砲、車は爆発した。また1人はホテル内に押し入り自爆攻撃を行い、銃を持ったもう1人は客室付近に侵入し判事1人を殺害した。

エジプト内務省は判事2人と警官4人、民間人1人が犠牲になったと発表。軍当局は攻撃に関与した3人が殺害されたとした。

エジプトでは、「シナイ州」が政府打倒を目指し、同様の攻撃を行っている。