トヨタが1―10月世界販売で首位維持、VWとの差9万台に拡大

  on
トヨタ自動車のロゴ
2015年2月4日、トヨタ自動車のショールームにあるロゴマークの横を訪問者が歩いていた。 ユーヤ・シノ(Yuya Shino)さん/ロイター

トヨタ自動車(7203.T)が27日発表した2015年1―10月のグループ世界販売(ダイハツ工業(7262.T)と日野自動車(7205.T)を含む)は835万3000台で、トップを維持した。

2位の独フォルクスワーゲン(VW)グループ(VOWG_p.DE)は同年1―6月に初めて首位に躍り出たが、その後はトヨタが上回って推移しており、両社の差は1―9月の6.7万台から9.1万台に広がった。

トヨタの1―10月のグループ世界販売は前年同期比1.2%減だった。北米での売れ行きは好調だったが、タイや中南米などで低迷、軽自動車税引き上げの影響があった日本でも不振だった。10月単月は国内・海外ともに伸び、世界販売は前年同月に比べ1.7%増えた。

VWの1―10月のグループ世界販売は前年同期比1.7%減の826万2000台だった。9月中旬にディーゼル車で排ガス規制を不正に逃れていた問題が発覚。9月に前年同月比1.5%減だった世界販売は、10月には3.5%減の83万1300台とさらに落ち込んだ。ただ、同社がトップシェアを握る中国では9月の0.8%減から、10月は1.6%増とプラスに転じている。

トヨタは14年までVWや米ゼネラル・モーターズ(GM)を抑えて3年連続で世界一だったが、今年も首位を維持できるかどうかは依然、予断を許さない状況だ。