フェイスブックのメッセンジャーでウーバー配車 米国で試験運用

  on
配車サービス米ウーバー・テクノロジーズ

配車サービス米ウーバー・テクノロジーズ

ロイター

米フェイスブック(FB.O)は16日、スマートフォンを使った配車サービスの米ウーバー[UBER.UL]と提携し、配車専用アプリをダウンロードしなくても、フェイスブックのメッセンジャーアプリを使えばウーバーに直接配車を依頼できるサービスの試験運用を開始する。

フェイスブックにとってウーバーは「トランスポーテーション・メッセンジャー」サービスでの初めてのパートナーで、ウーバーが営業を行う米国内のエリアで、フェイスブック経由での配車が可能になる。

配車の方法は、最新版のフェイスブックのメッセンジャーアプリのメニューから「トランスポーテーション」を選ぶか、会話中に表示される「カーアイコン」を選択する。

米調査会社ガートナーのティロ・コスロフスキー副社長は「フェイスブックはメッセンジャーをより魅力的なものにするため、配車サービスに注目している」と指摘した。