2015年中国GDPは25年ぶり低水準、第4四半期は前年比+6.8%

  on
中国人民元札

中国人民元札

ロイター

中国国家統計局が19日発表した2015年第4・四半期の国内総生産(GDP)伸び率は、前年同期比6.8%となった。市場予想と一致したものの、前四半期の6.9%から鈍化し、世界的な金融危機に見舞われ6.2%成長となった09年第1・四半期以降で最も低い水準となった。

追加の景気刺激策を講じるよう当局への圧力が強まりそうだ。

2015年通年のGDP伸び率は前年比6.9%で、政府目標の7%前後に沿う内容となった。ただ、1990年以来25年ぶりの低水準となった。エコノミスト予想も6.9%成長だった。