プーチン氏、パナマ文書疑惑に反論 「ロシア弱体化狙う試み」

  on
ロシアのプーチン大統領

ロシアのプーチン大統領

ロイター

ロシアのプーチン大統領は7日、パナマの法律事務所から流出したタックスヘイブン(租税回避地)に関する内部文書「パナマ文書」に記載がある友人について、不正行為には関与していないと反論した。

パナマ文書に基づく報道によると、この友人はチェリストのセルゲイ・ロルドゥーギン氏で、オフショア取引に関連した事業を人知れず拡大し、こうした取引にはプーチン大統領が関与する可能性も指摘されている。

サンクトペテルブルクで支持者らを前に語ったプーチン氏は、パナマ文書について、汚職をでっち上げることでロシアを弱体化させようとする組織的な試みだと指摘。

ロルドゥーギン氏に関しては、ロシア企業の少数株主ではあるものの「何十億ドル」も荒稼ぎしているわけではないとした上で、利益のほとんどを海外での楽器購入に充て、それをロシアの公共団体に寄付していると説明。「そんな友人を持つことを誇りに思う」と述べ、疑惑を否定した。