診察予約に長蛇の列、中国の病院で「ダフ屋」横行

  on
北京協和医院で並ぶ人々
北京協和医院で並ぶ人々 ロイター

中国の首都にある北京協和医院では、夜が明けるにつれ、数百人の患者が診察を受けるため長蛇の列をなすが、多くは無駄足に終わる。なぜなら、「ダフ屋」がすでに違法に診察予約券を買い、事前に売りさばいているからだ。

Yu Weiさん(32)は、病院が横流しした診察予約券を売り込むことで生計を立てている。Yuさんによれば、予約券があれば、患者は2日以内に診察を受けられる。さもなければ2週間もかかることがあるという。

警察のパトロールをかわすのはもはや日課の一部だ。Yuさんは「特別診察」の予約券を850元(約1万4200円)、額面の約3倍の値段で売っている。Yuさんはロイターに対し、1枚につき200元は自分の取り分で、残りは診察予約券を確保するのを手伝ってくれた病院関係者に渡ると語った。

顧客からの電話が頻繁に鳴り響くなか、Yuさんは「北京の上流中産階級は、予約券が手に入るなら、この程度の金額、あるいはそれ以上の額を支払うことをいとわない」と述べた。周囲では、競合する他のダフ屋が、自分たちの売り値を叫んでいる。

習近平国家主席は、国民全員が手の届く公的医療制度改革を目指しているが、こうした路上犯罪は国家主席が直面する課題の大きさを浮き彫りにしている。

こうした動きと呼応するように、当局は医療分野における汚職取り締まりを強化している。警察によると、今年に入り、北京だけでも約240人のダフ屋が逮捕された。だが、多くの患者や医師は、このような年季の入った習慣は、医師不足と安い給料が独自の汚職を生み出すという、より深刻な問題の兆候にすぎないと語る。

「ダフ屋はわれわれにとって頭痛の種となっている。取り締まってはいるが、解決するのが難しい問題だ」と、北京協和医院の広報担当者はロイターに対し電話でこう語った。

この広報担当者はまた、病院と医師たちはダフ屋の被害者であり、このような習慣に関与していないと述べた。

<非現実的なダフ屋撲滅>

病気の母親を連れた女性がダフ屋への激しい怒りをぶちまけている動画が、今年に入りインターネット上で反響を呼び、逮捕と厳しい実刑を求める声が高まった。

当局は取り締まりの強化を約束したが、ロイターが上海と北京の病院を訪れた限り、何十人ものダフ屋が大声で売り込み、堂々と営業活動をしていた。

北京市保健当局の広報担当は、警察は対策を「強化」する必要があり、本当の成果が出るまでにはある程度時間を要すると語った。一方、中国保健省からの返答は得られなかった。

北京のダフ屋取り締まりに関わる警察官は、警察だけでこの問題は解決できないと指摘。問題の一つは、あまりに多くの患者が同じ医師の診察を受けたがることだと述べた。

「ダフ屋を撲滅することは全く現実的とは言えない。それはあまりに困難だ」と、この警察官は電話で語った。

Cao Dongxianさんのような患者にとっては深刻な問題だ。教師であるCaoさんは昨年5月、山東省から北京に移ってきた。地元の医師たちが、リスクを伴う腸のがん手術を拒否したためだ。

中国では公的医療保険が限られており、特に長期治療が必要となるがんや糖尿病などの疾患を抱える患者は、しばしば医療費の大部分を自分で負担しなければならない。

ダフ屋の手は絶対に借りたくなかったため、Caoさんは数カ月にわたり、検査のたびに病院の前で並んだが、医師からは結局、緊急手術が必要だと告げられた。その時、Caoさんはまた並ばねばならないと伝えられた。今度は入院するために。

「手術を受けるころはもう10月になっていた。4カ月以上もかかった。何よりも、体中が痛くて本当につらかった」と、Caoさんは当時を振り返る。

<市場価格>

Caoさんは、今思うとすぐにダフ屋を頼っていればよかったと話す。中国で富が拡大し、カネさえ払えば早く治療を受けられるという現実を患者が受け入れる一方、医師たちもこの習慣に甘んじているように見える。

「(基本の)診察予約料は、医師のスキルと経験の経済価値を反映していない」と、北京大学第一医院の眼科医であるWu Yuan氏は指摘する。「ダフ屋は単に市場価格で予約券を売っているだけ」であり、日常的に行われているという。ただ、予約券の転売に関与する医師を知らないと同氏は語った。

病院が困難に直面する一方で、電子商取引(Eコマース)大手アリババ・グループ・ホールディング(BABA.N)や、病院経営大手の鳳凰医療集団(1515.HK)のような企業にとって、2020年までに約1.3兆ドル(約140兆8200億円)に達すると見込まれる医療市場は魅力的に映る。

Caoさんや、北京郊外から来た不動産仲介業者のZhang Pengyuさん(38)のような患者にとって、ダフ屋は不満と怒りの源だが、時には必要悪だと口をそろえる。

Zhangさんは、耳鼻咽喉科にかかるため、北京同仁医院に3日間夜通しで並んだ。だが精根尽き果て、最終的にはダフ屋から3000元で診察予約券を買った。本来ならわずか200元相当の、10分間の診察予約のために。

「自分で並び、大金を払いたくはなかった。でも、もう待てなかった。時間がなかった」と、Zhangさんは語った。