北朝鮮、核実験場で掘削再開の可能性 核実験準備か=米研究所

  on
北朝鮮の国旗
北朝鮮の国旗 ロイター

米ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院(SAIS)は20日、19日撮影された衛星写真をもとに、北朝鮮が核実験場で新たな実験のためのトンネル掘削作業を再開した可能性があるとの見方を示した。

今年1月に4回目の核実験が実施される前にも同様の掘削作業が確認されていたという。

SAISは、北朝鮮をモニターしているウェブサイト「38ノース」で、最初の3回の核実験が行われた東岸の豊渓里(プンゲリ)にある実験場で、トンネルの入り口付近を走るトラックに2台のカートが乗っている様子が衛星写真で確認されたと発表。

「今年に入って初めてとなるトンネル掘削作業がまもなく再開、あるいはすでに再開されたことがうかがえる」と分析した。