豪潜水艦の共同開発相手は仏に軍配、日本敗れる

  on
海上自衛隊の潜水艦
海上自衛隊の潜水艦 ロイター

オーストラリア政府は26日、400億ドルに上る次期潜水艦の共同開発相手に、フランスの政府系造船企業DCNS社を選定したと発表した。初の大型武器輸出を目指した日本は敗れた。

ターンブル首相が同日発表した。

ディーゼルエンジンを動力とする「コリンズ級」潜水艦6隻を保有するオーストラリアは、2030年ごろから世代交代を計画。最大12隻の潜水艦を調達する予定で、共同開発相手を求めていた。

入札にはDCNSのほか、日本の防衛省・三菱重工業(7011.T)・川崎重工業(7012.T)で作る官民連合と、ドイツのティッセンクルップ(TKAG.DE)が参加していた。

DCNSは5000トンの原子力潜水艦「バラクーダ級」の動力をディーゼルに変更した艦を、日本は海上自衛隊が運用する4000トンの「そうりゅう型」をベースにした艦を、ティッセンクルップは2000トン級の「214型」を大型化することを提案していた。

豪政府は当初、技術的なリスクが最も低いとして日本国内で建造することを検討していた。しかし、豪経済と雇用にメリットがないとの反発が強まり、昨年2月にドイツとフランスを含めた入札に切り替えた。