シリコンバレーの多様性問題:女性リーダーらが労働力の多様化を求め新プロジェクト立ち上げ

  on
IBT160506  シリコンバレーの多様性問題
今週、シリコンバレーで働く人の多様化を求めて「プロジェクト・インクルード」を立ち上げたエレン・パオ氏(中央) PHOTO: JUSTIN SULLIVAN/GETTY IMAGES

シリコンバレーのIT企業上層部は長い間、業界の多様性の改善に取り組むと約束してきた。しかし、グーグルやアップルを含め、ほとんどの会社は白人男性が大勢を占めている。

「よく言われるのは、『成功してはいないが、取り組んではいます』という念仏です。そこから学ぶということがありません。じゃあ実際何をやっているのか言えますか」と、クレイナー・パーキンス・コーフィールド&バイヤーズの元ベンチャー・キャピタリスト、エレン・パオ(Ellen Pao)氏は今週、ニューヨーク・タイムズ紙に語った。

パオ氏とシリコンバレーで活躍する7人の女性たちは2日、中・初期にあるIT企業の多様性ギャップに取り組む新たなイニシアティブを発表した。この「プロジェクト・インクルード」は、直接CEOや経営陣に働きかけ、従業員の多様性の追跡、データ共有、提案やアドバイスを行う。

プロジェクトのサイトによれば、「真の多様性とは、誰もが公平に成功の機会を得られ、ひいてはチームや会社をよりよくし、結果につながるよう、企業の様々な場面で少数派となっているグループを全て包摂し、結果を評価することを意味する」。イニシアティブでは、「性別、人種、階級、年齢、宗教、障害、学歴、性的指向等」に沿って少数派のグループを定義している。

パオ氏は、女性差別でクレイナー・パーキンス社を訴えてから、シリコンバレーの多様性運動を指導する存在となった。彼女はクレイナー社の性差別を告発したために同社に報復されたと訴えていたが、昨年9月、その主張が裁判所に退けられている。

「プロジェクト・インクルード」発起人の1人、エリカ・ベイカー(Erica Baker)氏も、グーグルの給与の透明性を求めて物議を醸した人物だ。同社のエンジニアである彼女は、社内で同僚らに給与や報酬、性別や職責の詳細のアンケートを行った。同氏は、このツールで給与交渉に成功した人もいると主張しているが、後に上司から叱責を受け、ボーナスをもらえなかったと述べている。

「プロジェクト・インクルード」を立ち上げたほかの6人は、雇用における多様性の改善を目的とするベンチャー企業を立ち上げたローラ・ゴメス(Laura Gomez)氏、カポールセンターの共同経営者のフリーダ・カポール・クレイン(Freada Kapor Klein)氏、ピンタレストのソフトウェア・エンジニアのトレイシ―・シュー( Tracy Chou)氏、モバイル・ペイメント企業ストライプのスーザン・ウー(Susan Wu)氏、多様性コンサルティング、レディセットのイボンヌ・ハッチンソン(Y-Vonne Hutchinson)氏、レディットの元役員ベサニ・マッキニー・ブラウント(Bethanye McKinney Blount)氏だ。

プロジェクト・インクルードを始めるにあたり、発起人らは、従業員25人から1,000人のベンチャー企業を含め、少なくとも18社の加盟を目標に掲げる。参加企業は、業界に風穴を開けるべく、従業員の多様性の推移を見守り、そのデータを他のベンチャー企業と共有する。プロジェクトではまた、ベンチャー企業に助言を行うベンチャー・キャピタル会社の参加も求めている。

プロジェクト・インクルードの発起人らと参加企業は、7か月の間、定期的に会合を行い、多様性の指標を定め見直しを行う。その期間の後、匿名で結果を公表し、企業がどの程度進歩したか(あるいはしなかったか)を明らかにする。

「企業が早くから多様性の問題に取り組めば、あとで大変になってから改善する必要はないのです」と、現在は職場連携ソフトのベンチャー企業スラックで勤務するベイカー氏は言う。

多様化を進めることは、ベンチャー企業にも実際的な見返りをもたらす可能性がある。モルガン・スタンレーの最近の報告書によると、より多くの女性を雇用し、公平な給与を支払う企業は、女性登用がそれほど進んでいない企業に較べ、エクイティでやや高いリターンを出した(3年で約1%)。同社の今週の報告書によれば、株価もより高いという。

*この記事は、米国版International Business Timesの記事を日本向けに抄訳したものです(原文記事:Maria Gallucci記者「Silicon Valley Diversity Problem: Female Leaders Launch ‘Project Include’ To Diversify Tech Industry’s Workforce」)