欧州市場サマリー(22日)

  on

 1346GMT    21日終盤

 ユーロ/ドルEUR=   1.3943    1.3920

 ドル/円JPY=      81.220    81.340

 ユーロ/円EURJPY= 113.26    113.22

  

 22日終値        前営業日終値

 株 FT100      5741.37(‐16.49)    5757.86

 クセトラDAX    6605.84(‐ 5.17)    6611.01

 金 現物午後値決め    1322.50   1343.50

  

 先物         現物利回り

 3カ月物ユーロ(12月限)  98.850 (+0.010)  0.591(0.593)

 独連邦債2年物         1.002(0.994)

 独連邦債10年物(12月限) 129.71 (+0.09)   2.467(2.488)

 独連邦債30年物        3.016(3.047)

 ------------------------------------------------------------------------------

 <為替> ドルは主要通貨に対し週間ベースで6週間ぶりの上昇となる勢い。ユーロは上昇しているものの、テクニカル的な抵抗線である1.40ドル付近にとどまっている。

 韓国で開かれている20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議では為替問題が協議されているが、協議をめぐる不透明感から会議終了までドル売りを控える向きもある。

  

 <株式> ロンドン株式市場は鉱山株を中心に売りが出て反落。市場の注目は20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議に集まっており、薄商いの中値が振れる展開となった。

 鉱山株の下げがきつかった。G20会合で為替相場の不均衡の是正で合意されるかどうかをめぐる懸念が広がった。

 GFTグローバルの市場ストラテジスト、デービッド・モリソン氏は、「G20を控え不透明感からこのところ市場は完全に様子見だった」と述べた上で、「為替の動向を注視する必要がある。株式市場とドル相場は逆の動きをする」と指摘した。

 BHPビリトン(BLT.L)は0.5%安。BHPがカナダのポタッシュ・コーポレーション(POT.TO)に提示していた敵対的買収案に対し、ポタッシュ本社のあるサスカチュワン州の州政府が買収案に反対する意向を表明した。

 メリルリンチの投資判断引き下げを受け、ベダンタ・リソーシズ(VED.L)は1.9%安。

 米原油先物CLc1が上昇しエネルギー株は好調だった。ロイヤル・ダッチ・シェル(RDSa.L)は0.3%、BGグループ(BG.L)は0.8%、それぞれ値上がりした。

  

 欧州株式市場は小反落。韓国で行われている20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の結果をめぐる警戒感から利食い売りが出た。

 FTSEユーロファースト300種指数.FTEU3は3.79ポイント(0.35%)安の1089.45。前日は半年ぶり高値で引けた。週間ベースでは0.4%高と3週間連続の上昇。

 DJユーロSTOXX50種指数.STOXX50Eは8.55ポイント(0.3%)安の2873.74。

 グローバル・エクイティーズ(パリ)のクオンティテイティブ販売トレーディング部門を統括するデビッド・テボール氏は「非常に好調な企業決算を背景に、今週は多くの銘柄が上昇した。そのため、G20財務相会議での為替問題をめぐる緊張は、利益確定売りのきっかけとなった」と述べた。

 今週買い優勢だった消費関連株の下げが目立った。ルイ・ヴィトン(LVMH.PA)が0.8%、ロレアル(OREP.PA)が1.9%それぞれ下落した。

 通信機器大手エリクソン(ERICb.ST)は4.2%高。第3・四半期決算では、コア営業利益が予想を上回った。

 一方、同業ノキア(NOK1V.HE)は2.5%下落。前日は予想を上回る決算を受けて6%超上昇していた。

  

 <ユーロ圏債券> 欧州中央銀行(ECB)が流動性供給策をさらに縮小させるとの観測から独連邦2年債が圧迫され、買いが長期債に流れた。2年債利回りが上昇する一方で、30年債利回りは低下したため、長短金利差は縮小した。

 独連邦債30年物DE30YT=TWEB利回りは一時2.991%と、1週間ぶりの低水準をつけた。一方、独連邦債2年物DE2YT=TWEB利回りは2営業日連続で1%台に乗せて精算。この結果2・30年債のイールドカーブはフラット化した。

 コメルツ銀行の金利ストラテジスト、クリストフ・リーガー氏は、短期債は依然として短期金融市場金利の上昇による圧迫を受けていると述べた。

 2年債利回りは前日の取引で、短期金融市場金利の上昇を受け3月下旬以来初めて1%台に乗せた。ECBが流動性供給策をさらに縮小させるとの観測が出ていることで、欧州銀行間取引金利(EURIBOR)の3カ月物EURIBOR3MD=が1年3カ月ぶりに1%を超え、ユーロ圏無担保翌日物平均金利(EONIA)先物が0.862%に上昇したことが背景だった。

 独連邦10年物DE10YT=TWEB利回りは一時、心理的な節目となる2.5%を超えたものの、結局2.1ベーシスポイント(bp)低下の2.471%で取引を終えた。

 独連邦債先物FGBLc1は、ドイツIFO経済研究所がこの日発表した10月の独業況指数が107.6となり、前月の106.8から上昇したことで、一時129.40に低下した。しかしその後は下げ止まり、精算値は3ティック高の129.65となった。

 周辺国国債と独連邦債との利回り格差はおおむね安定的に推移した。ただ10年物のギリシャ国債の利回り格差は704bpと、9bp拡大した。

 市場関係者の注目は、韓国の慶州でこの日に2日間の日程で開幕した20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議に集まっている。