これでにんにくも買い溜めできる!正しい保存の方法【前編】

  on
作り方

作り方

作り方

 にんにくを買ったのに、知らない間に冷蔵庫の奥底で悪くなってしまった経験はありませんか?

 実はにんにくって美味しいだけじゃなくて、美肌効果がたくさんある食材なのです。以前にんにくの化粧水やにんにく風呂についてご紹介したのでにんにくの驚くべき効果をご覧くださいね!

 今回ご紹介するにんにくの保存方法は、飲食店では当たり前のように行う作業ですが、家庭でもとっても便利なのでぜひ試してみてくださいね!

 

  【作り方】

  1. まず、皮を剥く作業。これけっこう時間かかるのです。ぬるま湯につけておくとツルッと皮と身に空洞が出来て、剥けます。ずっと剥いてると、指がシワシワになるのでゴム手をすることをオススメします!

  2. 今回はにんにくのみじん切りストックを作ります。半分に切って、芽を取り除きます。(水につけてたまにかき混ぜると、ヒョロッとにんにくの薄皮が浮いてきます。取り忘れがないよう!)

  3. しっかり水気を切ったら、フードプロセッサーにオリーブオイルを少し入れて、1秒かけます。これを数回くりかえします。

  4. その理由は、フードプロセッサーのまわりに必ず張り付いてくるにんにくです。毎回毎回 ヘラで拭いながら ちょっとずつ回さないと 大きさがバラバラになりますので注意。好みの大きさになったら止めましょう。

  5. タッパーに入れ、ひたひたになるまでオリーブオイルをそそぎます。タッパーはとても匂いがつくので、「にんにく用」のが1個あると便利です。間違っても、そのタッパーにチョコレートなど入れるのはやめましょう!

 オリーブオイルをひたひたにすることで、にんにくの香りが飛ぶこともなく、油もそのまま料理につかえるので、一石二鳥なのです。(冷たいオリーブオイルからにんにくを火にかけ香りを出すので)

 いくらタッパーに入れてても、使ってるうちにピョコッと顔を出したにんにくの表面が乾燥するので、クッキングシートをのせておくといいですよ!

  6. このままでは冷蔵庫も臭うので、更にジップロックをして、冷蔵庫で保存します。

 こうしておけば、1ヶ月ほど保存できますし、すぐに使えてとっても便利です。これで、せっかくの美肌食材を悪くすることもなく、長く保存ができるのです。

 次の記事で、もうひとつの保存方法をご紹介しますね。

Related posts