「ミッフィー」と「キャシー」和解、共に1750万円の義援金を寄付

  on
「ミッフィー」と「キャシー」和解、共に1750万円の義援金を寄付

「ミッフィー」(左)と「キャシー」

メルシス/サンリオ

 著作権をめぐり訴訟問題となっていたディック・ブルーナの「ミッフィー」とサンリオの「キャシー」が7日、和解した。東日本大震災を受けて、係争を取りやめ、共に15万ユーロ(約1750万円)の義援金を寄付することを決めた。

 ディック・ブルーナ氏の知的所有権を管理するオランダのメルシス社とサンリオは、係争に費やす費用を「日本の復旧・復興のために寄付すべきである」という意見で一致し、両社は訴えを取り下げ、和解に至った。

 サンリオのキャラクター「ハローキティ」の友達である「キャシー」が、ディック・ブルーナ氏によるキャラクター「ミッフィー」にそっくりだとして、メルシス社は昨年秋、サンリオを訴えていた。オランダのアムステルダム地方裁判所は2010年11月2日、キャシーがミッフィーの著作権と商標権を侵害しているとして差し止め仮処分命令を下していた。これに対しサンリオが異議申し立てを行うなど、係争に発展していた。

 なお、キャシーは2009年11月以来、サンリオの製品上には使われていない。