『仮面ライダーオーズ』の劇場版に暴れん坊将軍が出演、主題歌にも挑戦!

  on
将軍・吉宗役で出演。立ち回りを見せる松平健

将軍・吉宗役で出演。立ち回りを見せる松平健

MOVIE Collection

 この夏、日本を熱くさせる2大ヒーロー映画『劇場版 仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル』と『海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE 空飛ぶ幽霊船』。その製作発表会見が6月20日に東京會舘で開かれ、『オーズ』に暴れん坊将軍こと、将軍・吉宗役で出演する松平健が登壇した。

 ・[動画]『仮面ライダーオーズ』『海賊戦隊ゴーカイジャー』製作発表会見『仮面ライダーオーズ』『海賊戦隊ゴーカイジャー』製作発表会見、その他の写真

 松平が徳川吉宗としてほかの作品に出演するのは、同ドラマの長い歴史のなかで今回が初めて。出演が決まったときの感想を求められると「ビックリした。どういうことになるんだろう、と。台本をいただいていなかったので、仮面ライダーと対決するのかなとか、いろいろ考えた」と語り、報道陣を笑わせていた。

 江戸の町を吉宗が馬に乗り、その横をオーズがバイクで併走するシーンについては「馬も興奮。負けん気の強い馬だったので、負けまいとする馬を抑えるのが大変だった」とコメント。初体験となる3Dに関しては「現場でメガネをかけて拝見したが、本当にリアル。今までの立ち回りよりも激しく、不思議な感じだった」と話していた。

 また、松平は本作で主題歌にも挑戦。「オーズのメンバーと一緒に歌うんですけど、のっけからラップ。どうしようかと思ったが、ラップは松平さんのパートじゃないのでと言われた。私が歌うところはラップの後、みんなで手をつないで楽しく踊ってというサンバ的なところ。明るく楽しい歌で、君はもう1人じゃないよ、みんなで手をつないで一緒になろうよっていう歌。聞いたら元気になると思う」と曲についても語っていた。

 この日は『オーズ』のキャストである渡部秀、三浦涼介、高田里穂、酒井美紀と、柴崎貴行監督、『ゴーカイジャー』のキャストである小澤亮太、山田裕貴、市道真央、清水一希、小池唯、池田純矢と、渡辺勝也監督も登壇。

 仮面ライダーオーズ(火野映司)を演じる渡辺は「今回の映画は家族の絆がテーマ。ゲストに酒井美紀さんと松平健さんを迎え、クライマックスが楽しみな作品になっている」とコメント。ガラという悪役でゲスト出演する酒井は「去年は出産と育児があったので、芝居はお休みしていたが、この4月から復帰。そんなときに仮面ライダーの話をいただいた。(子どもが)息子なので、これから仮面ライダーやヒーローものは必ず通る道。その仮面ライダーに出られるなんて夢のようだと思った」と語った。

 ゴーカイレッド(キャプテン・マーベラス)を演じる小澤も「見どころは絆。絆の大切さを感じてもらえたら嬉しい」とコメント。6月12日放送のテレビシリーズで初登場した6人目の戦士ゴーカイシルバー(伊狩鎧)を演じる池田は「ヒーローに憧れ、子どものときから大好きだった。そんな憧れのヒーローに自分自身がなれた今、子どもたちに夢や希望とを与えられ、一緒に見ているお父さんお母さんにも楽しんでもらえる作品に仕上がっている」と作品をアピールしていた。

 『劇場版 仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル』と『海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE 空飛ぶ幽霊船』は2Dと3Dで8月6日より全国公開となる。

 【関連記事】 ・[動画]『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』初日舞台挨拶40周年を迎えた『仮面ライダー』新作の舞台挨拶に1号、2号、V3が揃って登場!『仮面ライダーオーズ』の渡部秀と三浦涼介がMV収録に挑戦!ニュース、動画、作品紹介、映画情報ならムビコレ!


将軍・吉宗役で出演。立ち回りを見せる松平健