劇場版『るろうに剣心』で主人公の佐藤健に続き、ヒロイン役を武井咲と発表!

  on

先日、実写映画化の発表とともに、主人公の緋村剣心(ひむら・けんしん)役を佐藤健が演じることが発表された劇場版『るろうに剣心』で、新たにヒロイン・神谷薫役を武井咲が演じることが発表された。・決め手は主人公に似ていること! 「るろうに剣心」が佐藤健主演で映画化「るろうに剣心」は1994年から99年まで「週刊少年ジャンプ」で連載あれ、単行本(全28巻)の累計発行部数が5000万部を超える和月伸宏原作の人気コミック。テレビアニメ化もされ人気を博してきたが、それだけに原作コミックやアニメ版のファンからは、今回の実写化に関して賛否両論。Web上ではさまざまな意見が寄せられている。メガホンを取るのは、昨年の大河ドラマ『龍馬伝』でチーフ演出をつとめた大友啓史。映画化発表の際には「『るろうに剣心』は世界中にファンがたくさんいるマンガだからこそ、原作をリスペクトしつつ、より楽しんでいただけるよう、映画ならではの魅力にあふれた世界観をつくっていきたい」と抱負を語っていたが、武井のキャスティングについては「武井さんは、これから間違いなく大きくなっていく女優さん。無邪気な顔も持ちながら、仕事に対して根性が据わっている。今後いろいろな役を通じて、真っ直ぐに大きくなっていく可能性を感じる。17 歳という設定も合わせて、薫役は彼女以外考えられなかった」と起用の理由を明かした。一方、武井は「多くの方からすごく愛されている原作コミックの実写化ということで、すごく嬉しく、楽しみな気持ちと同時に今から大変緊張しています。撮影に向けて、殺陣の稽古や所作などいろいろ覚えることも多く、そういった1つひとつの 動作に気が引き締まる思いです。この映画に携わるスタッフ・共演者のみなさんとのチームワークで、みなさんに喜んでいただけるような作品に出来るよう、私も精一杯力を尽くしこの撮影に挑みたいと思っています」とのコメントを寄せている。映画『るろうに剣心』は8月にクランクイン。2012年夏に公開予定だ。【関連記事】・武井咲も登壇、『櫻の園』キャストが舞台挨拶。高校生制服が着たかった──と無念の菊川怜大友啓史監督作『ハゲタカ』完成披露記者会見『BECK』先行上映で映画館を同時ジャック! 水嶋ヒロ、佐藤健らが爆笑舞台挨拶『BECK』完成披露試写会で6500人を前に水嶋ヒロ、佐藤健らが熱い思いを語ったニュース、動画、作品紹介、映画情報ならムビコレ!人気コミック「るろうに剣心」の映画化でヒロイン・神谷薫(右)を演じることになった武井咲(左)
(C) 和月伸宏/集英社