スティーブ・ジョブズの遺産、4年間分のアップル新製品コンセプト

  on
スティーブ・ジョブズ氏

スティーブ・ジョブズ氏

ロイター

 英紙デイリー・メールによると、米アップルのスティーブ・ジョブズ氏は、今後4年間分のアップル製品のコンセプトと計画を遺していったという。

 ジョブズ氏は死期が近いことがわかっていながら、1年以上アップルで働き、今後の同社を支えうるアップル製品を打ち出していった。そしてタブレットPCの「iPad」や携帯音楽プレーヤーの「iPod」、スマートフォンの「iPhone」、ノートパソコンの「MacBook」の新製品の設計図を準備していたという。

 これらの設計図の詳細は明らかになっていないが、次に発表されるiPhoneはスティーブ・ジョブズ氏の設計によるものだと言える。これはジョブズ氏亡き後のiPhoneなどアップル製品に不安を感じていた消費者や、投資家にとって朗報となると思われる。

 一方、10月4日に発表された「iPhone 4S」の予約数は、これまでのiPhoneの中でも最高数に上っているという。米誌フォーチュンの報道によると、AT&Tはたった12時間で20万台もの「iPhone 4S」の予約を受け付けており、AT&Tの代表者は「これまでのiPhoneで最も成功したスタートだ」と語った。