マネージド・フューチャーズの未来<その2>

2012年3月30日 23時02分 更新

 前回の記事。

  もう一つの考慮すべき要素は、トレンド・フォロー型の戦略とミーン・リバージョン(平均回帰性)型の戦略の違いだと、Anderson氏は語る。「どちらの戦略も収益性があるが、トレンド・フォロー型のほうが相場感のある市場ではより大きなリターンを生み出す。」

  「時間枠」が、CTAを分類するもう一つの要素である。取引ごとの、建て玉(ポジション)を保持する期間のことで、これは通常、短期だと数日間のものから、長期だと数ヶ月間のものまで幅がある。Anderson氏によれば、市場の環境に応じて、それぞれの時間枠でプラスの収益をあげることができる。「歴史的に、中期的なトレンド・フォロー型戦略が最も優れた実績をあげた。しかし2009年には、同戦略は不振となり、より長期的なトレンド・フォロー型戦略がプラスの収益を出した」と、同氏は述べる。

  4つ目の要素は、取引シグナルを作り出すために用いられる手法の違いだ。Anderson氏は語る。「数学や確率を駆使するCTAもいれば、経済の需要と供給をベースに分析を行うCTAもいる。ある手法は予見的な正確が強い一方、その他のものは反応的だったりする。さらには、チャートのパターンを活用したり、支持線や抵抗線のレベルを使ったり、パターン認識を使ったり、あるいは人工知能(Artificial intelligence)を駆使してトレンドを見極めるCTAもいる。こうした手法のそれぞれが、市場環境や取引している特定のマーケットの性質に応じて、それぞれのリスクとリターンや絶対収益性の特徴をもっている。」

  マネージド・フューチャーズ(CTA)についての詳しい情報はこちら。

  

 【マネージドフューチャーズ関連記事】

 マネージド・フューチャーズの未来<その1> 

 MAM Funds Plc社、分散投資戦略を選択 

 ヘッジファンドの経営陣、中国経済を楽観視 

 新設のヘッジファンドとマネージド・フューチャーズ・ファンドの好調な運用実績 

 投機筋、引き続き金、銀、プラチナのロングポジションを手仕舞う=米国商品先物取引委員会 

 バークレイCTA指数軒並みプラス実績、2012年堅調なマネージド・フューチャーズ 

 億万長者の株式指数 vs. S&P 500 

 2012年、堅調なマネージド・フューチャーズ 

 特集:世界中の運用資産がマネージド・フューチャーズ・ファンドに流れ込む理由(1/13) 

 特集:海外CTAに会おう-モビウス・アセット・マネージメント

 特集:海外CTAに会おう-ホワイト・インディアン・トレーディング・カンパニー 

 特集:海外CTAに会おう-チャドウィック・インベストメント・グループ(2/2) 

 特集:海外CTAに会おう-チャドウィック・インベストメント・グループ(1/2)

 注目のマネージドフューチャーズCTA:シンドラーのDairy Advantageファンドとミルクのボラティリティー(2/2) 

 注目のマネージドフューチャーズCTA:シンドラーのDairy Advantageファンドとミルクのボラティリティー(1/2)

 マネージドフューチャーズを株式と債券と比較する

 マネージドフューチャーズは、全ての投資家に向いているか? 

 マネージド・フューチャーズとは何か?