貞子が始球式。長年の井戸生活で体がなまったか“死球”は狙えず投球後に倒れる

2012年4月25日 17時00分 更新
始球式に挑戦する貞子
始球式に挑戦する貞子

 ホラー映画『貞子3D』に登場する貞子が、4月25日に行われたプロ野球・北海道日本ハムファイターズ対千葉ロッテマリーンズ戦で始球式を行った。

 この日の貞子はいつも通り長い髪に白装束姿。だが、足にはしっかりとスパイクを履いてマウンドへと向かうと、マウンド上ではキャッチャーのサインに2〜3回、首を振る場面も見られた。

 その後、唐突にマウンドを降りキャッチャーの方へスタスタと歩き始めた貞子。何が始まるのかと思いきや、貞子にとってはキャッチャーまでの距離が遠かったようで、途中で立ち止まると投球体勢に入り、振りかぶって投げたボールは山なりになりながらもノーバウンドでしっかりミットへと収まっていた。

 が、そこで力尽きたのか、この後、貞子は倒れ込んでしまい、関係者らしき人と日ハムのマスコット「ブリスキー・ザ・ベア」に手を引かれながらダッグアウトへと姿を消した。集まった報道陣は始球式ならぬ“死球式”を期待したようだが、長年の井戸生活で体がなまったのか、彼女にはそこまでの体力がなかったようだ。

 『貞子3D』は5月12日より角川シネマ有楽町ほかにて全国公開となる。

 【関連記事】 ・[動画]貞子が始球式に登場、ノーバウンドでミットに届くも力尽きてダウンホラー初挑戦の石原さとみ「びっくりするくらい叫んで、のどのケアが大変」/『貞子3D』イベント[動画]舞台挨拶に貞子も登壇、山本裕典とルームシェアしたいと乙女心のぞかす貞子、ハローキティの次はケロロ軍曹とコラボ! 劇場でグッズ発売も『貞子3D』作品紹介


始球式に挑戦する貞子