朝型だと計画性が高まる?早起きの意外なメリット10個

  on
朝型だと計画性が高まる?早起きの意外なメリット10個

朝型だと計画性が高まる?早起きの意外なメリット10個

美レンジャー

 

 みなさんは朝型ですか? 夜型ですか?

 よくビジネス本などで、成功と早起きには関係があるといいますよね。昔から“早起きは三文の得”といいますが、具体的にはどんな得があるのでしょう?

 米経済誌の『フォーブス』を参考に、 早起きのメリット についてまとめてみました。

  ■1:成績が上がる

 2008年のテキサス大学の研究では「朝型」と答えた人は「夜型」の人よりも、5段階のGPAテスト(GAPは、Grade Point Averageの略)の評価で平均1点上だったそうです。(数値は、3.5 vs 2.5でした)

 成績がよければ社会的な成功の可能性も高まるので、若いうちは朝型になった方がいいかもしれません。

  ■2:先見性が高まる

 ハーバードの研究では、朝型のほうが先見性が高くなるそうです。「長期の目標を見つける努力をしている」、「何かを成功させるためにがんばろうと思う」と考える傾向が強いのだとか。

  ■3:問題となりそうなことを予測する

 朝型の人は問題を早期に発見して小さくするので、仕事で成功しやすいそうです。

  ■4:計画性が高くなる

 朝の静かな時間に整理し、目標を設定すると、その日や週の行動が計画しやすくなるとのこと。

  ■5:運動する時間ができる

 多くの成功者は家族よりも早起きし、仕事の前に運動します。定期的な運動は気分と体調をよくし、仕事のエネルギーを高め、より深く眠れます。

 運動する時間を作るために朝型になる、というのもアリですね。

  ■6:よく眠れる

 睡眠の専門家によれば、地球のリズムに合わせて早寝早起きすることによって、調子がよくなるそうです。また、睡眠によって体が回復しやすくなるのだとか。

  ■7:楽観的でいられる

 朝型の人はより楽観的で矛盾がなく、満足して良心的です。一方、夜型の人はクリエイティブで知的ですが、抑うつ的で後ろ向きで神経症的になってしまうとのこと。

  ■8:通勤ラッシュを避けられる

 朝起きすると通勤ラッシュより前に電車に乗れます。毎日のストレスがぐっと減りますね。

  ■9:静かな時間を楽しめる

 他人よりも先にオフィスに着くと、1~2時間は静かに仕事ができます。この時間の差は大きいかもしれません。

  ■10:家族と過ごす時間が増える

 時間を先取りすれば夜に時間が空いて、家族と過ごせます。家に仕事を持ち帰ることなく、リラックスできますね。

 早起きするといろいろなメリットがあるんですね。確かに朝の日射しを浴びると気持ちがよいものです。仕事の始業時間によりますが、8時前に起きていれば、朝型といえるのではないでしょうか。

 これから、朝8時前に起きる生活を始めてみませんか?

 【参考】

 ※  Benefits Of Early Risers – Forbes