5月のシカゴ地区購買部協会景気指数は52.7、予想外に低下

  on

 シカゴ地区購買部協会がまとめた5月の景気指数は52.7となり、前月の56.2から予想外に低下した。

 エコノミストは56.5への小幅上昇を予想していた。

 指数は50が経済活動の拡大・縮小の分岐点となる。

 新規受注は57.4から52.9に低下し、2009年9月以来の低水準となった。雇用も58.7から57.0に低下した。