中国海外発展、第1四半期決算は営業益が15%増加

  on
上海の新築マンション群。

上海の新築マンション群。

ロイター

 中国の不動産開発大手、中国海外発展(チャイナオーバーシーズランド)(0688.HK)が18日発表した第1・四半期決算は、営業利益が前年同期に比べて15%増加した。政府の引き締め策にもかかわらず、安定した需要により取引額が膨らむ見通しという。

 同社が香港の証券取引所に提出した文書によると、第1・四半期の営業利益は48億2000万香港ドル(6億2091万米ドル)だった。前年同期は41億8000万香港ドル。

 第1・四半期の売上高(契約ベース)は401億香港ドルとなった。

 中国海外発展は時価総額ベースで中国最大の不動産開発会社。主に中・高級不動産を開発している。