くまモン、さかな検定3級を受検 「魚の奥深さ」を再発見

  on
くまモン

熊本県PRマスコットキャラクターのくまモン。くまモンは、「全国豊かな海づくり 大会~くまもと~」のイメージキャラクターを務める。

全国豊かな海づくり 大会~くまもと~

 日本さかな検定協会は、熊本県PRマスコットキャラクター「くまモン」が6月23日(日)に実施される「第4回日本さかな検定」の3級(初級)を受験すると発表した。

 同協会によると、日本さかな検定(愛称:ととけん)とは、日本の豊かな魚食文化や魚の知識、美味しい食べ方などを、"検定"を通じて広く伝え、日本人と魚との“旨い”出会いを応援する取り組みである。

 「第4回日本さかな検定」は東京・大阪・仙台・名古屋・高松・熊本・鹿児島の全7会場で同日一斉に開催され、3級(初級)、2級(中級)、1級(上級)の受検級別に各100問、マークシート4者択一方式で行われる。

 同検定の熊本会場は、10月26・27日に開催される「第33回全国豊かな海づくり大会~くまもと~」の協賛行事として開催されるため、同大会キャラクターである「くまモン」が日本さかな検定を受検することになったという。

 日本さかな検定は、急速に進む日本人の魚離れに歯止めをかけるべく、2010年に創設された。同協会によると、第1回開催以来、過去3回の検定で全国47都道府県から、累計9,000名の魚好きが受検し、の時季や産地の違い、地域ごとの美味しい食べ方など「魚の奥深さ」を再発見しているという。

 同協会は、「国民1人1日あたりの魚介類と肉類の摂取量が2006年に初めて逆転し、日本人は魚介類よりも肉類を多く食べる国民になってしまいました。以降その差は広がりつつあります」と説明し、「『第4回日本さかな検定』に、多くの魚好きが集い、楽しく魚を学ぶ機会になればと願っております」とコメントした。

 「第4回日本さかな検定」の受検申し込み期間は、今月31日(金)までである。 ※http://www.kentei-uketsuke.com/totoken/