1430万円ではしご車のオーナーになれる、40メートルはしご車がオークション出品中

  on
クルマ・ポータルサイト「Goo net」スクリーンショット

クルマ・ポータルサイト「Goo net」スクリーンショット

株式会社プロトコーポレーション・クルマ・ポータルサイト「Go

 中古のはしご付き消防自動車が、ネットに出品されている。

 取り扱っているのは、クルマ・ポータルサイト「Goo net」で、出品会社は山形県のミツワ自動車。

 出品されているのは、消防関連の車両で有名な「モリタ」の40メートルはしご付き消防自動車で、本体価格1390万円、総額で1430万円。平成4年式で走行距離1.7万キロと使用感があるのは無理からぬものの、それを含めれば相応の値段と言っても良いだろう。

 「モリタ」のホームページでは、最新式のはしご車の写真や映像を見ることができ、約10年の差を見てとることができる。

 過去にも、徳島県美馬市や兵庫県川辺郡猪名川町などが、ネットオークションを経て消防車を売却しており、今回も買い替えを図る自治体が売却したものと考えられる。

 27日現在、6人が検討中。同時に36メートルはしご付き消防自動車も2台出品されており、平成4年式総額1300万円の消防車は1人が検討中、平成6年式総額1320万円の消防車は12人が検討中となっている。

 ■クルマ・ポータルサイト「Goo net」「モリタ40mはしご車消防車梯子車ハシゴ車4WS」ページ http://www.goo-net.com/usedcar/spread/goo/11/700090022720130622001.html ■「モリタ」ホームページ http://www.morita119.jp/fire_engine/