チャコさんのコラム 「お茶にしようか 第50回」 

  on

 英国王室にベビー誕生のおめでたいニュースは記憶に新しいですが、赤ちゃんの名づけにあたって様々なメディアが名前の予想をしていた頃、英国皇太子の称号としてプリンス・オブ・ウェールズという言葉を耳にしました。osakaimage by Rosa

  

 プリンス・オブ・ウェールズ。

 紅茶好きな方にとっては真っ先にトワイニングの紅茶を思い浮かべる方もいらっしゃるかと思います。

 英国の老舗紅茶メーカーであるトワイニング社が1921年に当時の皇太子(プリンス・オブ・ウェールズ)のためにブレンドし、その名を付けたこのお茶は中国紅茶のキーマンをベースにしたスモーキーで深みのある独特の味わい

 キーマン、ラプサンスーチョンなどの中国紅茶はオリエンタルでエキゾチックな味わいとして古くからヨーロッパの王侯貴族に愛されてきたそうで、なる程キーマンの風味豊かなプリンス・オブ・ウェールズにはそういった英国王室の歴史も込められているのかもしれません。

 人物名が由来の飲み物は他にもカクテルのマルガリータなどが有名ですが、特別な人のために思いを込めてお茶のブレンドやアレンジをして、美味しく出来たらオリジナルレシピにその人の名前を付けてプレゼントしたりおもてなしをしてみれば素敵にロマンチックですね。