米デルの第2四半期は72%減益、売上高は横ばい

  on
パソコン大手デル

パソコン大手デル

ロイター

 米パソコンメーカー大手のデル(DELL.O)が15日発表した第2・四半期決算は、72%の減益となった。パソコン(PC)販売の低迷が利益を圧迫した。

 純利益は2億0400万ドル(1株当たり0.12ドル)。前年同期は、7億3200万ドル(同0.42ドル)だった。

 一時項目を除いた1株当たり利益は0.25ドルと、トムソン・ロイター・エスティメーツがまとめたアナリスト予想の0.24ドルをわずかに上回った。

 売上高は前年比横ばいの145億ドルとなった。ただ市場予想の142億ドルは上回った。

 コンピュータを含むエンドユーザー向けコンピューティング部門の売上高は5%減の91億ドルだった。

 全体の粗利益率は前四半期から1%ポイント低下し、19.6%となった。

 モーニングスターのアナリスト、カー・ランファイアー氏は「予想通り悪かった。過去に彼らが利益率よりも販売高を優先していた時の水準にマージンが低下したことは大きな驚きではない」と述べた。

 デルをめぐっては、創業者のマイケル・デル最高経営責任者(CEO)とプライベートエクイティ企業シルバー・レイク・パートナーズが250億ドル規模の新たなマネジメントバイアウト(MBO)案を提示。一方、大株主で著名投資家のカール・アイカーン氏はMBO案に反対しており、過去数カ月にわたって争いが続いている。