中国の国有不動産企業、NYプロジェクトの権益70%取得へ=WSJ

  on
米ニューヨーク市内ロウアー・マンハッタンのビル群

米ニューヨーク市内ロウアー・マンハッタンのビル群

ロイター

 中国の国有不動産開発会社、緑地集団は、米ニューヨーク市の超高層マンション15棟を含む不動産開発プロジェクトの権益70%を米開発業者フォレスト・シティ・ラトナーから取得することで合意した。米ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙が伝えた。

 取得価格は公表されていない。

 同紙によると、超高層マンションやオフィスビル、小売りスペースから成るこのプロジェクトの総費用は、債務も含め40億ドル。

 緑地集団とフォレストは先週覚書を交わしたが、2社は今後詳細を詰めるとともに、中国規制当局から承認を得る必要がある。

 フォレスト・シティからコメントは得られていない。