リーブ21、アクティブシニアの若々しさを発毛でバックアップ

  on

 毛髪クリニック リーブ21は、2010年2月3日から4月30日までの期間、満60歳以上の人を対象に「トータルコース」の1カ月分を無料で提供する『シニア割キャンペーン』を実施する。 同社が独自に行ったアンケート調査によると、60歳以上(男女)で『脱毛が進行していると感じている人』は56.5%と約半数以上であったが、『予防や改善のために発毛・育毛サービスを実施している』と答えた人が僅か6.6%だったという結果が出ている。また、2009年の総務省統計局の推計によれば、国内人口の3人に1人が60歳以上で、近年は還暦を迎えても若々しく積極的に社会と関わりつづけるアクティブシニアと呼ばれる人が増えているようだ。しかし、アンケート結果を見ても脱毛を気にしながらも、頭髪のケアには消極的といった人がまだまだ多いことがわかる。そこで、同社は、このようなシニア層にも発毛を体験してもらう目的で、今回のキャンペーンをスタートする。 現在、同社の60歳以上の会員数は、2009年度末で1000名を超え、着実に増えているようだ。なかには90代で発毛に成功したユーザーもいるという。同社は今後もこうしたシニア層の発毛への取り組みを応援すべく、様々なキャンペーンを実施していく方針だ。(編集担当:北尾準)

エコノミックニュース