大和ハウスが今期業績予想を上方修正、中計で営業益1700億円目標

  on

 大和ハウス工業(1925.T)は8日、2014年3月期の連結営業利益予想を前年比17.2%増の1500億円(従来は1400億円)に上方修正したと発表した。賃貸住宅、商業施設事業などの利益が想定を上回って推移。今期の受注高見通しは直近予想から12%上方修正した。

 また同日、16年3月期までの3カ年の中期経営計画を策定したと発表。最終年度の連結営業利益目標を1700億円(12年度実績は1280億円)に設定した。戸建て・賃貸住宅や商業・事業施設など中核事業の収益力強化を目指す。

 大阪市内で会見した大野直竹社長は、消費増税の住宅市場への影響について、大都市圏では動向に変化がみられる一方で、他地域では「意外に関係なく推移している」と指摘。その上で「時間が経たないと正直分からない」とし、需要動向などを注視する構えを示した。

 今期の新たな通期営業利益予想は、トムソン・ロイターのスターマイン調査がまとめたアナリスト13人の予測平均値1490億円と同水準になっている。

 <増収でもフジタが重荷に>

 14年3月期の連結売上高予想は前年比27.0%増の2兆5500億円(従来は2兆4000億円)、当期純利益は同32.8%増の880億円(同730億円)に上方修正した。

 戸建・賃貸住宅、マンション、商業施設事業では売上高・営業利益予想とも従来の見通しから上方修正。一方、買収したフジタが関わる事業施設部門では売上高予想は増額したものの、営業利益予想は据え置いた。

 大野社長は買収したフジタ、コスモスイニシアの業績への影響について上期中は両社とも「利益貢献はないどころか、足を引っ張った」と指摘。一方で「下期にはプラスに転じて、貢献はしてくる」と話した。