IMM通貨先物、投機筋のドル買い越しが3カ月超ぶり低水準=CFTC

  on
ユーロ、ドル、スイスフラン

ユーロ、ドル、スイスフラン

ロイター

 米商品先物取引委員会(CFTC)が発表したIMM通貨先物の取組(2月18日までの週)によると、投機筋のドルの買い越しは3カ月超ぶりの水準に減少した。

 ドルの主要6通貨(円、ユーロ、ポンド、スイスフラン、カナダドル、豪ドル)に対する取組高は162億8000万ドルの買い越し。前週(192億4000万ドルの買い越し)から減少し昨年11月12日の週以来の低水準となった。

 投機筋は16週連続でドルを買い越しているが、このところ弱い米経済指標が発表されていることが影響し、買い越し額は2週連続で減少した。

 ユーロが売り越しから買い越しに転じる一方、スイスフランは買い越しから売り越しに転じた。円は、前週とほぼ変わらずの売り越し。