パラジウムが一時約2年半ぶり高値、主要産出国からの供給不安受け

  on

 21日の貴金属市場は、パラジウム価格 が一時、2011年8月以来約2年半ぶりの高値水準となる1オンス=791.50ドルをつけた。主要産出国の南アフリカやロシアから供給が細るとの懸念が広がった。

 市場は、南ア鉱山労働者らのストライキを嫌気、ウクライナをめぐるロシアと西側諸国の対立が激化する可能性にも警戒感を強めている。

 1141GMT(日本時間午後8時41分)時点では3.5%高の同789.75ドル。