中野エリア最大級の屋外ビアガーデン、魚民のモンテローザが出店

  on
Image

 中野エリア最大級の屋外ビアガーデン「NAKANO CENTRAL BEER PARK(中野セントラルビアパーク)」に、「白木屋」「魚民」「笑笑」などを手がける株式会社モンテローザが出店することが明らかになった。期間は7月1日(火)から9月30日(火)まで。

 中野セントラルビアパークは「洗練された都心のリゾート空間」がコンセプトなおしゃれな屋外ビアガーデンという位置づけ。昨年、夏季限定でオープンされた際には、2か月間で約2万7千人が来場したという。2回目となる今夏は、会場の広さなど開催規模を2倍にし、期間は1.5倍の3か月間となった。

 中野セントラルパーク内のパークアベニューに設けられる同ビアガーデンは、4つのゾーンを各1社が運営する。そのうち1社が「白木屋」「魚民」「笑笑」などを手がける株式会社モンテローザだ。同社は「リゾート地の屋台」をテーマにするという。

 

 1ゾーンにつき50テーブル・100席が設けられる予定だが、モンテローザはテーブルにランタンを配置し、やわらかい光と緑と開放感あふれる空間から、リゾート地の雰囲気を演出する。

 ドリンクは、生ビールやサワーのほかに、おしゃれなカクテルや、中野ご当地ドリンクの「ナカボール」なども楽しめるラインアップとなっている。

 中野セントラルビアガーデンは7月1日から、平日17時半~22時、土日祝は12時~22時にオープンだ。