ローソンのフローズンドリンクが売上160%に、新フレーバーも登場

  on
「ウチカフェフラッペ アサイーボウル」

「ウチカフェフラッペ アサイーボウル」

ローソン

 ローソンが4月8日から販売している、レンジで温めるフローズンドリンク「ウチカフェフラッペ」が、およそ2か月間で60%も売上個数が増えた(昨年同期比)。17日には新フレーバー「アサイーボウル」も発売となる予定で、さらに販売増となるかもしれない。

 「ウチカフェフラッペ」は3年前にローソンが売り出したフローズンドリンク。アイス売り場に置かれているが、電子レンジで温めて、少し溶けた状態で、ストローでかき混ぜながら飲む。

 今年は、5月末に全国的に暑い日が続いたこともあり、5月末までの1週間で100万個の「ウチカフェフラッペ」販売を記録した。4月の販売開始からの累計販売数は、400万個を突破したと発表された。

 6月17日(火)からは、新フレーバー「アサイーボウル」が販売される。栄養価の高さで話題のアサイーを使ったシャーベットの上に、グラノーラと苺、ブルーベリー、バナナが乗って、ハチミツソースがかかっている。本体価格は333円(税込360円)だ。

 ローソンは「アサイーボウル」を含めた6種類のフレーバーで、「ウチカフェフラッペ」を今年は3000万個売ることを目標にしている。